イラストで稼ぐ方法

絵はそこそこ描けるというあなたはネットビジネスで稼ぐことがオススメです。現在、絵で稼ぐことは容易といっていいかもしれません。そこで、どうすれば稼げるのかをいくつか紹介していきたいと思います。

・FANBOX・FANTIAといったパトロンサイトで稼ぐ
現在、いわゆる絵師と呼ばれるネット上でイラストを公開している方に人気の仕事がこれです。月額をあなたが設定し、それを複数のパトロンと呼ばれる方に支援してもらうことによって稼ぐことができます。
twitterやpixivでサンプル絵を投下し、パトロンサイトに誘導することが絵師の方がよく使っている手法です。人気絵師ともなると月に更新を数回するだけで50万円を稼いでいる方もいます。
しかし、二次創作絵を利用して稼ぐことに抵抗を持っているユーザーも多く、こういったサービスを利用するときは基本的にオリジナルのものをオススメします。

・FANZA・DLSITEといった商品販売サイト
こちらも絵師に人気のサイトで自分が作った商品をネット上で販売できます。人気ジャンルはゲーム、同人誌、成人向けCG集や漫画といったものです。どちらも一日の利用者数は多く、人気クリエイターともなる年収3000万円以上稼いでいる方もいます。何か商品を作って販売したいというの方にオススメします。

・ランサーズやSKIMAといったサイトで依頼主の要望通りに描いて稼ぐ
ランサーズといったクラウドソーシングサービスでは、毎日のようにイラストを描ける方を募集している依頼主がいます。そこで、依頼主の要望に応えた絵を描くとあらかじめ提示されていた料金を貰う事ができます。
また、SKIMAというサイトではSNSのアイコンの制作などやロゴデザインなどを自分で募集することができます。相場もそれなりに高くオススメのサイトです。

・YOUTUBEで講座をしたり漫画などを描いて広告収入を得る
現在YOUTUBEは非常にビジネスとして需要が高い産業になっています。特に絵を使ったものは人気が高く、絵の描き方講座やカラー漫画といったものの人気も高いです。こういったものをYOUTUBEにアップすることで広告収入を得ている方も今では非常に多いです。

以上がイラストで稼ぐサイトになります。現在イラストで稼ぐということは非常に需要が高い産業となっています。また、こういったビジネスも日々増えていっているので、アンテナを張りながら日々を過ごし、今よりもっと稼げるように頑張ってください。