クラウドソーシングより単価が高めな直接契約

WEBでお金を稼ぎたいと考えている方は、よくクラウドソーシングに注目しています。クラウドソーシングなら自宅でも簡単に稼ぐ事ができますし、比較的簡単な仕事も多いです。状況によっては、取引先と直接契約する事もできます。

クラウドソーシングという稼ぎ方

クラウドソーシングには、色々な仕事の案件が掲載されています。実際に検索してみると分かりますが、大部分の案件は記事作成になります。ブログやサイトなどに掲載する記事を作成する仕事が多く、わざわざオフィスなどに出社する必要はありません。自宅でもお金を稼ぐ事ができますから、多くの主婦の方々が注目しています。サラリーマンの方々も、しばしば注目しています。
稼ぐ方法は非常に簡単で、まずはクラウドソーシングのサイトに登録します。登録する際には、一切料金はかかりません。登録が完了すると、そのサイトの案件に応募できる状態になりますから、募集内容の指示に従って記事などを納品します。条件を満たしていれば、記事が採用される訳です。記事作成の報酬は、後日にサイト経由で支払われます。

クラウドソーシング経由での単価

ところで何回かクラウドソーシングで仕事をこなしていくと、報酬が気になってくる事があります。現在よりも単価が高めな案件を確保したいと思っている方も、少なくありません。
確かにクラウドソーシング経由で仕事を引き受けますと、報酬単価も若干低めになる傾向はあります。発注者側の事情が色々あって、あえて報酬単価が低めになっている事もあります。
ちなみに、その単価も発注者次第です。予算がある発注者の場合は、単価は比較的高めになっている事もあります。しかしクラウドソーシングを経由すると、やはり低めになる事が多いです。

クラウドソーシング経由でなく直接契約する

ですから一部の方々は、発注者と直接契約していることがあります。クラウドソーシングを間に通さずに、発注者と受注者が契約書などを交わした上で、仕事を引き受けているケースもあるのです。
ちなみにクラウドソーシングでは、直接契約を禁止するというルールにはなっています。しかし現実には、直接的に契約している方が多いのも事実です。やり方は人それぞれですが、直接的に話をする事も実際可能なのです。
人によっては、企業と直接契約している事もあります。直接契約を結びますと、収入が安定する事も多いですし、報酬単価も高めになる傾向があります。クラウドソーシングで信頼を得た方は、直接契約している事も多いです。