せどりでお金を稼いだ時の確定申告はどうなるか

年末の時期になると、多くの方々は税務署で手続きを行っています。その時期ですと、確定申告も行う必要があるでしょう。せどりでお金を稼いだ時などは、その確定申告が必要なケースもあります。基本的には、20万円以上なら申告する事になります。

お金を受け取れば税金は支払う

せどりは、もちろんお金を稼ぐ事ができます。何らかの方法で商品を安く買って、高く売却すれば利益は得られるでしょう。
ところで何らかの方法でお金を受け取った時には、たいてい税金を支払う必要はあります。会社員であれば、お勤め先からお金を受け取っていますから、所得税という税金を支払う事になる訳です。もちろん個人事業主の方々も、お金を受け取れば税金を支払わなければなりません。であれば、せどりで収入を得た時にも申告が必要なのかどうか、気になる事もあるでしょう。

所得20万円以下なら申告不要

結論を申し上げれば、せどりの他に収入源がある時などは、年間所得が20万円に満たない場合は申告不要になります。ここでのポイントは、「所得」という点です。決して収入ではありません。
そもそも、せどりは色々な経費がかかるでしょう。ツールなどを含めて、色々と物品を買わなければならず、経費も発生する訳です。その経費の金額によっては、申告不要なケースもあります。
例えばせどりの年間収入が23万円であり、1年間にかかった経費は4万円の時は、23万から4万を引き算します。合計19万円になるので、わざわざ申告する必要はありません。もちろん所得が20万円を超えている時は、申告は必要です。
なお、上記は会社員の場合です。正社員やアルバイトなどを問わず、何らかの形で給与所得を得ている人物の場合は、年間所得20万円というルールが適用されます。
しかし事業所得者の場合は、そうではありません。いわゆるフリーランサーや自営業者の場合は、原則として申告は必要です。

ツールや税理士相談などを活用して申告する

なお、せどりの場合は経費の計算も1つのポイントになるでしょう。せどりは、とにかく商品を購入する機会が非常に多いです。有料ツールも含めて、色々商品を買わなければならず、レシートの枚数もかなり多くなります。時には、かなり状況が複雑になる事もありますから、申告するのは大変なケースも少なくありません。
基本的には、クラウド型の会計ツールなどを活用する方が良いでしょう。ただ、それを使いこなすには若干コツも必要なので、せどりメインでお金を稼いでいる方は税理士に依頼している事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です